2008年12月21日

BIG3問題は来年へ先送りのようで。

Add to Google
My Yahoo!に追加
一応、ビック3へのつなぎ融資が実行されることになりました(実際には経営が厳しいGMとクライスラーの2社)。

ただ、この融資は条件付の上、2社がその条件をクリアするには現状、厳しいように見受けられます。とりあえず、“問題先送り”といったところでしょうか。
さて、今週発表予定の指標です。

12/22(月)ドイツ1月GfK消費者信頼感
12/23(火)日本休場(天皇誕生日)
      アメリカ7-9月期GDP・確報値
      アメリカ7-9月期GDPデフレーター・確報値
      アメリカ7-9月期個人消費・確報値
      アメリカ7-9月期コアPCEデフレーター・確報値
      12月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値
      アメリカ11月新築住宅販売件数
      アメリカ11月中古住宅販売件数
      アメリカ10月住宅価格指数
      アメリカ12月リッチモンド連銀製造業指数
      イギリス7-9月期GDP・確報値
      ユーロ圏10月製造業受注
12/24(水)アメリカ11月個人消費支出
      アメリカ11月PCEコアデフレーター
      アメリカ11月耐久財受注
      アメリカ新規失業保険申請件数
12/25(木)アメリカ市場休場(クリスマス)
      ヨーロッパ市場休場(クリスマス)
12/26(金)リーマン・ブラザーズ決算発表
      ロンドン市場休場(ボクシングデー)


今週は日本では天皇誕生日、欧米ではクリスマス休暇があり、市場参加者が通常よりも少なくなる1週間ですね。来週は年末年始に当たり、更に参加者が少なくなりますので、ちょっとしたことで上がったり下がったりとしやすくなりますので、いつも以上に値動きには注意を払っておきたいところです。


さて、アメリカの利下げを追いかけるように日銀も0.1%へ利下げを行いました。
これで日米の金利差がほとんどなくなった状態となりました。

「米ドル/円」については金利差に着目した売買が実質行われない状態になってしまいましたので、アメリカの経済状況に関するニュースで相場が動きやすくなったと見ています。



さて、今週の「米ドル/円」の見通しですが、引き続き、米ドル売りを基本スタンスにしたいと考えています。

先週は木曜日に上昇しましたので、連続で円安に進むかと思っていたのですが、それに反して金曜日は再び円高になりました。残念ながら、水曜日に大きく米ドルが売られた分の反発でしたね。


変わらず円高トレンド。日本のためにも円高トレンドが一時的にでも和らいでほしいと思うのですが・・・。円安方向には終値ベースで90円台に戻した上でこれをキープできるかどうかがトレンドを見極める上で重要ではないでしょうか。


今週のトレードのポイント(フィボナッチリトレースメントで見ると)は、直近の高値92.91円→安値87.75円の61.8%戻しである90.71円。

一方、円高方向には水曜日の安値87.15円が当面の目標になると考えていますが、一時的にでも85円台にタッチすることも頭の中には置いておきたいですね。


きちんと損切り&リスク管理をすることを忘れずに。



【【おしらせ】】
これまで「無料レポート・ライブラリ」としていくつか紹介してきましたが、ブログに載せていくと結構な数になることがわかりましたので(笑)、ブログ上にライブラリとして残していこうと思います。


全部はまだ移していませんが、少しコメントを足してダウンロードページへのリンクを作りましたので、役に立つ無料レポートを読みたいけれど、どれがいいかわからないといった方にはお役に立てると思います。

ぜひ、下のリンクを押してライブラリーを覗いてください。

『無料レポートLibrary』
http://eco-projects.xsrv.jp/archive/Library.html



また、みなさんに役に立つような情報を紹介していきます。
どうぞよろしくお願いします。
posted by ちゅさん at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111506260
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。