2008年12月07日

不安定な状況が続きますが、

Add to Google
My Yahoo!に追加
金曜日に発表されたアメリカの雇用統計の内容が悪く、先月発表分も下方修正され、失業率も15年ぶり?という悪い水準になったため、反射的に株売り、米ドル売りで反応しました。

一時、「米ドル/円」は91.58円となり、10月下旬に付けた年初来最安値90.65円が見えてきましたが、その後、NYダウの買戻しの流れに乗って円売りが優勢となり、終値は93円辺りです。


さて、今週発表予定の指標です。

12/ 8(月)イギリス11月生産者物価指数
      ドイツ10月鉱工業生産
12/ 9(火)アメリカ10月中古住宅販売保留
      イギリス11月RICS住宅価格
      イギリス10月鉱工業生産
      イギリス10月製造業生産
      ドイツ12月ZEW景気期待指数
      ドイツ12月ZEW景気現況指数
      ユーロ圏12月ZEW景気期待指数
12/10(水)特になし
12/11(木)アメリカ11月輸入物価指数
      アメリカ新規失業保険申請件数
12/12(金)アメリカ11月生産者物価指数
      アメリカ11月小売売上高
      12月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値
      ユーロ圏10月鉱工業生産


今週は指標の発表が少ない1週間になりそうですね。

こういうときは株価の推移や重要人物の発言、イベント(ビック3の救済策関連で何か起こる)などで為替市場も動きやすい状況となりますので、想定外の動きとなっても手元の資産がなくならないように、リスク管理を忘れずにお願いしますね。


実際、ビック3への資金注入が決定したようなので、最近の傾向から判断すれば、これを材料に週の前半は株価上昇、米ドル買いとなる流れが濃厚と考えています。


さて、今週の「米ドル/円」の見通しですが、引き続き、米ドル売りを基本スタンスにしたいと考えています。


短期的に見て、若干、円安方向に動くと考えていますので、戻り売りを基本スタンスに置いています。


先週も述べましたが、週足で見ると変わらず円高トレンドであり、また、円高方向へ続くトレンド・ラインは変わらず維持されています。少なくともこれを本格的に上抜けてこないと、円安トレンドに転換したと見ることは難しいでしょう(ここのコメントは先週と変わらないですね・笑)。


もちろん、上で言うトレンドは中長期的なもの(週足や月足で見るイメージ)ですが、短期的(日足で見るイメージ)に見れば、多少の上下はありますので、トレードする目安を置いています。


先週は当初の見通し(93.19円)以上に円高が進みました。
結果的に、週末にはほぼこの見通しに近いところで終わりましたが、もう少し円高に進む可能性があることを再確認した感じですね。


円安方向では大きく下げる前の水準である95円前半の価格帯に戻ってくるかどうか、円高方向には直近の最安値90.91円を付けにいくかどうかが当面のポイントでしょう。


先ほども触れましたが、先週は株式市場の動き(特にNYダウ)に為替の動きがついていく印象が強いので、為替だけでなく経済全体の動きをチェックしながらトレードをしたいと思っています。


きちんと損切り&リスク管理をすることを忘れずに。



【【おしらせ】】
これまで「無料レポート・ライブラリ」としていくつか紹介してきましたが、ブログに載せていくと結構な数になることがわかりましたので(笑)、ブログ上にライブラリとして残していこうと思います。


全部はまだ移していませんが、少しコメントを足してダウンロードページへのリンクを作りましたので、役に立つ無料レポートを読みたいけれど、どれがいいかわからないといった方にはお役に立てると思います。

ぜひ、下のリンクを押してライブラリーを覗いてください。

『無料レポートLibrary』
http://eco-projects.xsrv.jp/archive/Library.html



また、みなさんに役に立つような情報を紹介していきます。
どうぞよろしくお願いします。
posted by ちゅさん at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110879846
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。