2008年11月02日

今週の見通し。

Add to Google
My Yahoo!に追加
まずは今週発表予定の指標からです。
11/3(月)アメリカ10月ISM製造業景況指数
     ドイツ10月製造業PMI・確報値
     ユーロ圏10月製造業PMI・確報値
     イギリス10月製造業PMI
     欧州委員会、ユーロ圏GDP見通し公表
11/4(火)米大統領、上下両院選挙、投開票
     UBS決算発表
     アメリカ9月製造業受注指数
     イギリス10月建設業PMI
     ユーロ圏9月生産者物価指数
11/5(水)イギリス金融政策委員会(MPC、−6日)
     BNPパリバ、決算発表
     アメリカ10月ADP全国雇用者数
     アメリカ10月ISM非製造業景況指数
     イギリス10月ネーションワイド消費者信頼感
     ドイツ10月サービス業PMI・確報値
     ユーロ圏10月サービス業PMI・確報値
     ユーロ圏10月総合PMI・確報値
     イギリス9月鉱工業生産
     イギリス9月製造業生産
     イギリス10月サービス業PMI
     ユーロ圏9月小売売上高
11/6(木)イングランド銀行英金融政策委員会(MPC)、政策金利発表
     欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金発表
     アメリカ新規失業保険申請件数
     ドイツ9月製造業受注
11/7(金)アメリカ10月非農業部門雇用者数
     アメリカ10月失業率
     アメリカ9月中古住宅販売保留
     ドイツ9月鉱工業生産


日銀が0.2%の利下げを行って政策金利を0.3%としました。

アメリカではFRBが1.0%へ政策金利を下げ、ユーロ圏でもECBやMPCが金利引き下げを行うという予測が広まっており、日米英欧での協調利下げという観点で日銀もようやく利下げを行ったといったところでしょう。

ただ、日銀の利下げが0.25%ではなく、0.2%と意外な利下げ幅だったため、市場にとってプラスには働かなかったようです(あと0.25%下げても0.05%残り、ゼロにはならないということでしょうか?)。


日米とも利下げ幅がほとんどなくなってきているにも関わらず、景気後退はいよいよ本格化するか?と感じる指標が出てきていますので、金融政策に対して市場の反応は低くなってきている印象がします。どちらかというと、株式市場の動きに振られやすいかもしれません。



さて、今週も引き続き、米ドル売りを基本スタンスにしたいと考えています。
先週の中頃は米ドルが買い戻される展開でしたが、日足で見ればお分かりになるかと思いますが、先々週末の大暴落の反動で戻している動きがメインではないかと考えています。


実際に、チャートを見ることができる環境の方は確認いただければよいと思いますが、最近の動きは見事に13日平均移動線に頭を抑えられているような形になっており、今もその状態が継続していると見ています。


したがって、米ドルが弱く、円が押し出されるように強い状態がもうしばらくは続くと思われます。


引き続き、当面の下値のポイントとなるのは今年3月に付けた95.71円になるでしょう。先日の下げでここを突破して90円に近づきましたが、反発してこのポイントを上抜けていきましたので、やはり下値のポイントでしょう。


以前のメルマガで触れました通り、ここを抜けてしまうと次の目安は1995年4月の最安値79.75円→直近(8月11日)の高値である110.65円のフィボナッチ・リトレースメント38.2%である91.55円がポイントとして見えてきます(その次は23.6%の87.04円)。


一方、上値ですが、引き続き102.42円付近ではないかと見ています。市場の雰囲落ち着いてきたら97〜102円のレンジに移ってくると思うのですが、はたしてどうなるでしょうか。


さて、この記事を配信した頃には販売停止になっていると思いますが、オススメできるシステムをご紹介します。

『「聖杯」トレーディングシステム』
http://eco-projects.xsrv.jp/archive/Seihai.html


これは前回ご紹介した『FX-max NEO weekly』と同様、エクセルをベースとしたトレーディングシステムです。

『FX-max NEO weekly』
http://eco-projects.xsrv.jp/archive/FXmaxNEOweekly.html


このシステムが運用対象とするは「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」の2種類の通貨ペアです。おなじみの通貨ペアですが、日米欧の基幹通貨とも言える組み合わせですし、取引量が多いために流動性も確保されていて確実にトレードができる特徴があります。


そして、この2種類の通貨ペアをそれぞれ2種類の日足ベースのシステムで運用していきます。


システム自身は基本的なロジックは公開されており(ピボットをベースに、順張り・逆張りを狙うシステムになっています)、前もって著者さんが推奨する設定が入力された状態でスタートすることができます。もちろん、ユーザー側でもパラメーターを調整して最適化することが可能です。


実際の運用では、前日の値動きをシステムに反映させるだけ(3分もあれば可能でしょう)。あとはシステムが売買ポイントを導き出してくれますので、忙しい方でも無理なく運用することが可能です。


ただ、このシステムは他に販売されているものとは違って、なかなか頻繁にサインは出てきません。正直、短時間でのトレードに慣れている方であればストレスを感じてしまう可能性が高いです。


しかし、着実に利益は積みあがります。
自分自身のオリジナル設定で運用していますが、今年1月からの成績は442,000円のプラス(それぞれ1万通貨単位での運用)となっています。


収益に関してはレバレッジ、どのくらいの額で運用するか、などの条件で変わることはありますので、絶対ではありませんが、今年、暴落が複数回あったにも関わらず、これだけの成績を出していることからも実力が伺えます。


今、私の長期運用用のメインシステムとして稼動しています(サインが出る回数がさほど多くないので、時間をかけてでも着実に増やしたい資産を任せています)。


ちなみに、販売停止後、バージョンアップを行うとの連絡が入っており、個人的には非常に楽しみにしています。

「バージョンアップのお知らせ」
http://trade-cyclone.com/hidenfx/image/yokoku.pdf


バージョンアップ版は来年のいつ頃か、販売されるとのことですが、まだ時期は未定だそうです。バージョンアップ版が販売開始されましたら、またご紹介したいと思います。


さて、最後に無料レポートのご紹介をしましょう。

「あなたのチャート力向上プログラム」
(USD/JPY)
http://mailzou.com/get.php?R=20177&M=11719
(USD/JPY)
http://mailzou.com/get.php?R=20299&M=11719
(USD/EUR)
http://mailzou.com/get.php?R=20478&M=11719
(AUD/JPY)
http://mailzou.com/get.php?R=20516&M=11719
(GBP/JPY)
http://mailzou.com/get.php?R=20972&M=11719
(NZD/JPY)
http://mailzou.com/get.php?R=20973&M=11719

以前に一部ご紹介したことがあるかと思います。
レポートの著者さん作製のチャートシステムを使って、変動していくチャートを見ながらどのポイントで売買を行っていくか、練習することができます。

相場が荒れているときこそ、こういうものを使って練習し、実力をつけるのもよいと思います。


<無料レポート・ライブラリ>

○【シンプルFX】塩漬け状態から含み損を回復させる方法
(防御編)
http://www.sugowaza.jp/r/M1pRXzYxeQ==.html
(攻撃編)
http://www.sugowaza.jp/r/M1pRXzZhdg==.html


●【週給30万円】トレードスキルをあげるフィードバックシステム 株取引・信用取引・FX スーパートレーダーを目指すためのスウィングトレード
http://mailzou.com/get.php?R=4132&M=11719


○全部無料でそろえるFXニュースボックス
http://repomaga.jp/get.php?l=63ba47f22b

●★図解★初心者が儲けるためのFXコンサルティング
http://www.sugowaza.jp/r/M1pRXzR6cg==.html


これまでご紹介した無料レポートを少しずつライブラリに加えていきます。


また、みなさんに役に立つような情報を紹介していきます。
どうぞよろしくお願いします。
posted by ちゅさん at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109317116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。